健康づくりの運動アドバイス

運動を習慣化するのって大変ですね。
しかし、ちょっとしたコツをつかむことで、思ったよりも簡単に習慣化することもできます。
そこで、「安全で効果のある運動」をキーワードに「運動のコツ」を紹介していきます。

健康づくりの運動キーワード

有酸素運動

有酸素運動

有酸素運動とは、強度の軽い全身運動を時間をかけて行う運動のことです。
脂肪を燃焼して内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の予防・改善に効果的です。

ストレッチ

ストレッチ

ストレッチは、関節周辺の腱や筋肉を伸ばす運動です。
腰痛や肩凝り、怪我の予防、疲労の回復、リフレッシュと健康づくりに色々な効果があります。

筋肉トレーニング

筋肉トレーニング

筋力トレーニングは筋肉内の血液循環が良くなり、疲れにくい筋肉となりますので、腰痛や肩こりなどに効果があります。

運動のコツ

普段の活動より少し強い運動を行いましょう。

ダミー

人は少し強い運動を行うことで、その運動に適した体に少しずつ変化していきます。

今の運動に慣れてきたら、強度を上げましょう。

今の運動に慣れてきたら、強度を上げましょう。

慣れてきたら、少しステップアップ。 さあ、チャレンジしてみましょう。

自分にあった運動を行いましょう。

自分にあった運動を行いましょう。

体力や健康をチェックし、できれば専門家にアドバイスをもらいながら、自分にあった運動プログラムを行うようにしましょう。

続けることが一番。

続けることが一番。

運動は続けてこそ効果が出ます。言い換えれば、続けられる運動に取り組むことが一番のポイントとも言えます。

全身をバランスよく動かしましょう。

全身をバランスよく動かしましょう。

お腹の次は背中、下半身の次は上半身と全身をバランスよく動かすことが健康づくりの秘訣です。

運動の特性を理解しましょう。

運動の特性を理解しましょう。

運動の内容によって効果は違いますので、目的にあった運動種目を選ぶようにしましょう。

運動は続けることが大切。

運動は続けることが大切。

簡単でも負荷の軽い運動でも長く続けた運動の効果は、それだけ長く続きますのでまずは続けることが大切です。

運動の効果は運動をやめると無くなります。

運動の効果は運動をやめると無くなります。

あまり頑張りすぎて、三日坊主に終わるよりも、出来る運動を長く続けることが大切です。

目標を意識して効果的な運動を。

目標を意識して効果的な運動を。

何のためにその運動を行うのかを意識することで、トレーニングをしている部位に意識を集中できるようになるのでさらに効果的です。

脂肪を燃焼するには、有酸素運動の前に軽いウェイトトレーニングが効果的。

脂肪を燃焼するには、有酸素運動の前に軽いウェイトトレーニングが効果的。

ウォーキングなどの前に準備運動に加えて、腹筋やスクワットなどの筋トレを5分から10分程度行うようにしましょう。

PICK UP

pagetop