イベント詳細

入江 一雄 & 児嶋 顕一郎ピアノDUOリサイタル

~名門ヴィルサラーゼ門下の 2人のピアニストが初の豪華共演!!~

入江 一雄 & 児嶋 顕一郎ピアノDUOリサイタル

日時 2017年9月14日(木)    
19:00~(開場 18:30)
会場 カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」 map
チケット
一般(全自由席)
3,000円 受付終了
学生(全自由席)
2,500円 受付終了
出演 入江 一雄(ピアノ)
児嶋 顕一郎(ピアノ)
内容
PROGRAM
シューベルト/幻想曲 へ短調 D940
ラヴェル/マ・メール・ロワ
ルトスワフスキ/パガニーニの主題による変奏曲
メシアン/アーメンの幻影 より I 創造のアーメン V 天使、聖者、鳥の歌のアーメン
ラフマニノフ/2台のピアノのための組曲第2番 作品17
 
※曲順・曲目は一部変更になる場合がございます。



PROFILE

入江 一雄 (いりえ かずお)  
埼玉県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学・同大学院を首席で卒業・修了。在学時にアリアドネ・ムジカ賞、アカンサス音楽賞、同声会賞、大賀典雄賞、クロイツァー賞など各賞受賞のほか、芸大学生オーケストラドイツ公演にソリストとして同行し、細川俊夫作曲「沈黙の海」を協演。2010年には、熊本ユースシンフォニーオーケストラとともにプロコフィエフ作曲ピアノ協奏曲第3番を協演し、熊本初演を果たした。また、在ベルリン日本大使館、在モスクワ日本大使公邸等での式典演奏に携わる。第77回日本音楽コンクールピアノ部門第1位、第1回Coimbra World Piano Meeting第5位等入賞多数。2012年よりチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院研究科に在籍し、エリソ・ヴィルサラーゼに師事。2012・2013年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション、2015年度文化庁(新進芸術家海外研修制度)より助成を受ける。2016年ディプロマ取得し、同科を修了。2017年度より東京藝術大学にて教鞭をとる。小林壱成、伊東裕両氏と「ステラ・トリオ」としても活動中。


児嶋 顕一郎 (こじま けんいちろう) 

1991年東京生まれ。5歳でピアノを始め、高校卒業後、渡独。ハンブルク国立音楽演劇大学学士課程を経て、現在同大学修士課程で学ぶと同時に、イタリアのフィエーゾレ音楽学校にて研鑽を積む。これまでに数々の国内外のコンクールに優勝・入賞を果たす。2012年ピアナーレ・ピアノアカデミー(フルダ/ドイツ)にて第3位、2013年エリーゼ・マイヤーコンクール(ハンブルク/ドイツ)にて第3位、第5回仙台国際音楽コンクールのセミファイナルにてパスカル・ヴェロ指揮、仙台フィルハーモニーとベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を共演、聴衆賞を受賞、2016年に行われたICoM Piano Award(ハンブルク/ドイツ)で3位受賞。ソリストとして日本、そしてドイツを中心とするヨーロッパの国々で演奏活動を行う。特にハンブルクでは数々の国際的規模の芸術文化プロジェクトや音楽祭に参加、現代音楽の分野にも積極的に取り組んでおり、2012年10月に行われたハンブルク現代音楽祭では若い作曲家の作品を精力的に紹介することを目的に結成された室内楽団Ensemble Volumina Consortのピアニストとして出演する。2014年8月にスイスのジュネーブで行われたPuplinge Classique Festivalとシャンペリーで行われた音楽祭ではソロ・リサイタル及びスイス・ロマンド・ユースオーケストラとの共演でバッハの鍵盤協奏曲第一番を演奏、好評を博す。現在ピアノをエリソ・ヴィルサラーゼ、ステパン・シモニアン、室内楽をニコラス・シュミットの各氏に師事。ブラームス財団奨学生を経て、現在ユーディ・メニューイン・ライヴ・ミュージック・ナウ奨学生。

お問い合わせ カワイ音楽振興会
主催 カワイ音楽振興会
後援 (株)河合楽器製作所、カワイ音楽教育研究会
詳細URL http://kawai-kmf.com/concert-info/2017/09.08-13-14/
イベント分類
  • ピアノコンサート
  • その他コンサート

公式情報サイトへ

入江 一雄 & 児嶋 顕一郎ピアノDUOリサイタル

  • イベント情報
  • 好きなアーティスト、
    近くの会場でのイベント情報が
    手に入ります!
  • リマインダー登録はこちらから

イベント情報トップへ

PICK UP

pagetop