歴史資料室

鍵盤楽器の歴史

鍵盤楽器の歴史

クラヴィコード

クラヴィコード

クラヴィコードは13世紀頃から出現したといわれ、外観は長方形で、4本脚がついたものと、脚がなく直接テーブルに置くものとがあり、音域は3~5オクターブでした。 この楽器の最大の特徴は、打弦法にあり、鍵盤を押すと鍵盤奥にある真鍮製のタンジェントが弦をつきあげて音を出します。したがって、キーを押える力によって音の強弱がある程度得られ、キーを押えたまま動かすことによってビブラートも得られますが、音量が極めて小さく、楽器のそばにいる数人にしか聞こえない程度のものでした。しかしながら、その繊細な音色は多くの作曲家や愛好家を魅了しました。

1697年 ハープシコード(復元)

1697年 ハープシコード(復元)

ハープシコードは、鍵盤を押すと鍵盤の奥の柱が上がり、それに付いている「爪」が弦をはじいて発音します。ハープシコードはバロック音楽を代表する楽器ですが、強打弱打による音量変化がありません。展示してあるハープシコードは1697年にカルロ・グリマルディが製作し、現在ニュルンベルグのゲルマニア国立博物館に収蔵されているものを復元製作したものです。ルネッサンスのイタリア舞曲の軽快な歯切れ良さを効果的に表現することのできる楽器です。また、イギリスのヴァージナル音楽やバッハの演奏等にもその特徴を効果的に表現できます。

1795年 ハンマーフリューゲル(復元)

1795年 ハンマーフリューゲル(復元)

ピアノは18世紀の初頭にクリストフォリによって生まれ、それまでのハープシコードに対して、鍵盤の弾き方により、音量の強弱を自由にコントロールできるという点で画期的なものでした。アクションは様々な変遷を経て、ウィーン式とイギリス式の2つのタイプに集約されました。展示してあるハンマーフリューゲルは、1795年頃、ウィーンでアントン・ワルターによって製作された楽器を復元したものです。ワルター作の楽器は、ウィーン式アクションを持つハンマーフリューゲルで、最も完成度の高い楽器の一つと言われております。また、モーツァルトやベートーヴェンにも愛用されたと言われております。

カワイピアノの歴史

カワイピアノの歴史

カワイグランドピアノ第一号

カワイグランドピアノ第一号

このピアノは、1928年に製作されたカワイグランドピアノ第一号で、昭和天皇即位の御大典記念に地元の資産家、末永寅蔵氏、鈴木近次郎氏、市川政七氏により、当時の天竜市立山東小学校(現在の浜松市立光明小学校の前身)に寄贈されました。以来35年余年間、戦前・戦中・戦後と学校音楽教育の変遷を刻み、多くの子供たちにその豊かな音を響かせ、1963年、当社に里帰りしました。また、このピアノをはじめ創立当時に製作したピアノは、初代社長河合小市が設計しました。

アップライトピアノ 昭和型

アップライトピアノ 昭和型

河合小市が、会社設立(1927年/昭和2年)早々に「多くの人々に良いピアノを」と自ら設計・制作した小型ピアノです。音・タッチの性能が良く低価格(350円)で話題を集めました。当時の国産ピアノの価格は650円以上でした。昭和の世になって間もなくの頃で、このピアノは「昭和型」と名付けられました。

グランドピアノM(復元)

グランドピアノM(復元)

このピアノは、1949年 河合小市と一流の技術者たちが心血を注いでパリの万国博覧会に出品するために造ったピアノを1990年に復元したものです。第二次世界大戦の影響で万博が開催されず、日の目を見ることがなかったピアノを、熟練工の手作り作業により、アール・デコの様式を取り入れた脚の彫刻・ボディの微妙な曲線に情熱を吹き込みながら丹精こめて仕上げました。

ミニピアノ(アップライト型)

ミニピアノ(アップライト型)

独特のデザインとアクションをもつこのミニピアノは、戦前に河合小市によって開発されました。
戦後迎えた1948年、戦争によって失った工場設備と技術者の離散という苦難を乗り越え、ピアノ・オルガンの製造が再開されました。河合小市は、ピアノ製造再開をこのピアノから始めることによって自らの技術を伝授しようと考えたのでした。
月産100台のペースで約1年間生産を続け、国内はもとより海外へも輸出されました。

ミニピアノ(グランド型)

第二次世界大戦が終わり、ピアノ・オルガンの製造が再開されたのが1948年、そして1950年に、グランドピアノの製造も再開されました。戦後の物資不足の時に、グランドピアノの良さをそこなわず、しかも低価格の商品を、と河合小市はその技術者魂をぶつけたに違いありません。

TOP

Copyright © Kawai Musical Instruments Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.

見学のお申込み