• HOME
  • 読み物・動画
  • 電子ピアノCA901「グランドピアノと同じ木製鍵盤・構造でレッスンがもっとスムーズに」

電子ピアノCA901「グランドピアノと同じ木製鍵盤・構造でレッスンがもっとスムーズに」

2024.04.26682 views

ピアノメーカーならではのこだわりの結実!グランドピアノと同じ木製鍵盤・構造でレッスンがもっとスムーズに」-ムジカノーヴァ2024年4月号転載

カワイの社員が語る「CA901の開発秘話」を掲載いただきました。特別に許可をいただいて、掲載の記事をまるっとご紹介いたします!

TA_08892

 【取材・文】長井進之介 【取材撮影】友澤綾乃

昨今の複雑な住宅事情、さらに在宅時間が増えているなかで、音量の調節ができ、いつでも演奏可能な電子ピアノは多くの音楽愛好家にとって大切な味方。なかでも、アコースティックピアノに近いタッチと良い響きの音色を求める方にお勧めしたいのが、「KAWAI CA901」。河合楽器製作所が、フルコンサートグランドピアノ「SK-EX」を目指してこだわり抜いて開発した最新機種だ。河合楽器の広告宣伝課長天野浩四郎さん、電子楽器開発企画グループ長佐藤拓也さんに開発秘話をうかがった。

左から、広告宣伝課長 天野浩四郎氏
電子楽器開発企画グループ長 佐藤拓也氏

TA_08941

 

コンサートグランドの音色をご自宅で

─ SK-EX の音色が大好きなのですが、今回初めて CA901を弾いて、その音色が再現されていることに驚きました。

天野 ピアノメーカーだからこそできる電子ピアノを目指して開発に取り組んでいます。やはり目標とするのはコンサートで使われるグランドピアノです。

佐藤 グランドピアノが常に進化している以上、電子ピアノも常にアップデートしていくことが求められま す。鍵盤に響板、あらゆるものにこだわらないとそれは実現できません。

天野 電子ピアノの需要が増えるなかで、もっと良い音が出るように、そしてもっとピアノを弾く楽しさを味わえるように、と高みを目指しました。ここ数年コンクールでカワイのピアノを選んでくださるコンテスタントが増えていますが、コンクールで使われるピアノは、楽器はもちろん調律もカワイの持てる最高の技術を提供しています。そのこだわりの音をご自宅でもお楽しみいただけたら……と考えたのです。

佐藤 国際ピアノコンクールで響き渡る音色の美しさ、感動を味わえるように、音色を新たに録り直しました。まずカワイのフラッグシップモデルである SK-EX の中で最高の1台を選び抜き、最適な場所を探し、カワイのピアノを知り尽くした職人であるMPA(Master Piano Artisan)が最高の調律を行い、ピアノの響きのすべてを余すことなく録音しています。

天野 CA901には、私たちの想いを結集して作った「SK-EX コンクールグランド」と「SK-EX コンサートグランド」の2 種類の音色を搭載しています。ピアノを弾く喜びを多くの方に味わっていただけたらとても嬉しいですね。

 

 

指先からつま先まで演奏者ファースト

─音色の美しさと共に、鍵盤のタッチにも驚きました。 グランドピアノを弾いている感覚で、細かく変化がつけられて、それがニュアンスとして反映されますね。

天野 木材を積み重ね、高い強度を持たせる独自の技術を採用したフル木製鍵盤で、グランドピアノの手ごたえを追求しています。演奏される方に心地よさ、コントロールのよさを感じていただけるタッチを作り出しました。

佐藤 採用している「シーソー構造」も演奏の上で重要な部分です。鍵盤をおさえることでハンマーが上がり、弦を叩くというグランドピアノの発音構造を忠実に再現しています。そして、鍵盤から支点までの距離を長くとる設計にしていることも、コントロールのよさにつながっている重要なポイントです。また、電子ピアノ特有の「コトコト」という打鍵ノイズを極力なくすために、ハンマーの部分に特殊なクッションを採用しています。もう一つ、音の変化や表現に欠かせないペダルも、グランドピアノの踏み心地を再現して、演奏性を高めました。人間のとても繊細な指先やつま先の感覚に寄り添いたいと日夜研究を重ねています。

TA_08639

カワイならではの木製鍵盤とシーソー構造で、電子ピアノにもグランドピアノのタッチを実現

 

グランドピアノの響きを叶えながら、騒音問題も解決

─音色の美しさはもちろんなのですが、響き方も通常の電子ピアノとはかなり違うなと感じました。

天野 グランドピアノは響板が響くことで楽器全体が 鳴りますが、電子ピアノはスピーカーで音が鳴るので、響き方に大きな差がありました。そこで楽器全体が響くように、楽器の背面に「TWIN DRIVE 響板スピーカー」を搭載しています。

佐藤 響板があることで楽器全体の振動する面積が広くなりますし、搭載している2種類の加振器を振動させるこ とで、通常のスピー カーでは再現困難な奥行きと、伸びのある響きを創り出して います。また背面の響板だけでなく、上側、そして演奏者側にもスピーカーを設置し、グランドピアノを弾いているときのような響きの感覚を味わえるようにしています。

天野 一方で、振動は集合住宅にピアノを設置する上で騒音問題につながってしまうので、安心して練習 していただけるように、設置面に隙間をつくって振動が隣や階下に伝わらないようにしました。

 TA_08911

背面の大きな響板によって、楽器全体が響くグランドピアノのような音場が生み出される

 ─電子ピアノの大きな利点としてヘッドフォンを使用して音を完全になくすこともできますが、この点での工夫はありますか。

佐藤 ヘッドフォンをつけていても良い音を楽しんで いただきたいので、専用のヘッドフォンも新たに開発しました。広がりのある音場を体感できるようになっ ています。また軽量で身体にフィットするので、大音量かつ長時間の使用でも疲れにくく、演奏や練習に集 中することが可能です。

常に演奏者目線で細やかに楽器作りをしていること が楽器の端々から伝わり、河合楽器のピアノを弾く人 たちへの温かな想いを強く感じた。最新技術とこだわりのつまった電子ピアノは、音楽を愛する人たちの時間をさらに豊かにしてくれることだろう。

CA901R_web
写真は KAWAI CA901R ( プレミアムローズウッド調仕上げ)、新色 CA901A (プレミアムホワイトメープル調仕上げ) も登場。

各標準価格 500,500 円(税抜455,000 円)
問合せ お客様相談室 TEL. 053-457-1311
受付時間/月〜金9:00 〜12:00・13:00 〜17:00

 

 長井進之介さん プロフィール(取材・文)
国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業及び 音楽情報・社会コース修了。同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻(伴奏)修了。同大学院音楽研究科博士後期課程音楽学領域単位取得。2013年10月―2014年9月まで、ドイツ・カールスルーエ音楽大学に交換留学。留学中、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州財団(Baden-Württemberg-Stiftung)給費奨学生。2015年、DAAD(ドイツ学術交流会)の「ISK(語学研修奨学金)」奨学生としてライプツィヒ大学内「interDaF」でドイツ語研修を受ける。アンサンブルを中心とした演奏活動の他、アリオン音楽財団2007年度<柴田南雄音楽評論賞>奨励賞受賞(史上最年少)を機に音楽ライターとして活動を開始。

公式ブログ – https://profile.ameba.jp/ameba/shinno1102

 

 

カワイ電子ピアノ CA901

「最高峰の木製鍵盤、響板スピーカーを搭載したフラッグシップモデル」
長年にわたって培ったピアノづくりの技術とノウハウをすべて注ぎ込みました。ピアノを愛するすべての方にお贈りする、カワイ電子ピアノのフラッグシップモデル。

河合楽器製作所

ピアノ・電子ピアノといえばKAWAI
1927年創業の
鍵盤楽器メーカーです

これまで100年近くにわたり、世界各国にたくさんのピアノ・電子ピアノを届けてきました。
国際コンクールやコンサートなどでは、世界中の多くのピアニストにご愛用頂いております。
「音楽を通じて、感動を共に分かち合いたい」
これは、永きにわたる楽器づくりの歴史から生まれたKAWAIの想いです。

河合楽器製作所コーポレートサイト

人気の記事

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの製品



PICK UP

pagetop